一口にニキビ跡といっても、様々な種類があります。

例えば、クレーターのように皮膚に凹凸が出来てしまうニキビ跡。色素が沈着して、皮膚が黒ずんでしまうタイプのニキビ跡や、紫外線などの外敵刺激を受けることでニキビが再発しやすい、赤みを帯びたニキビ跡もあります。

 

クレーターのようになってしまったニキビ跡は、真皮層にダメージを受けてしまったことが原因です。健康な肌を生み出すコラーゲンやエラスチンの組織が破壊されてしまっているため、正常な肌再生が行われなくなるのです。

 

ニキビ跡が黒ずんでしまうのは、メラニンが炎症を抑えようとして過剰に反応している証拠です。メラニンはシミやソバカスを作る敵のように思われがちですが、実は肌を有害な紫外線などから守るために働いているのです。ニキビによる炎症や刺激を受けることで、メラニンは防衛反応を働かせて過剰に分泌されてしまい、色素を沈着させてしまいます。赤みを帯びたニキビ跡も、紫外線を受けたことなどによる刺激から発生するため、紫外線には十分注意したほうがよいでしょう。

 

皮膚の陥没やダメージを改善するには、コラーゲンの破壊をくい止めて、肌再生を促進することです。新しい肌が正常に生まれてきやすい環境を作ってあげないと、いつまでもニキビ跡が残ってしまう皮膚から脱却できません。そのうち新しいニキビが発生して、さらなるニキビ跡を生んでしまう恐れもあります。悪循環に陥らないように、正しいスキンケアで古い角質を落としながら乾燥や紫外線から守る対策をしましょう。

ニキビ跡の赤みを改善する方法

赤みのあるニキビ跡は、メイクをしても目立ちやすく気になるものです。そんなお肌の状態を気に病むことが新たなストレスを生み、ニキビを増やしてしまう可能性すらあります。そもそも、何故ニキビ跡が赤みを帯びてしまうのでしょうか?これには、余計な刺激を肌に与えている可能性が高いのです。洗顔する際に毛穴の中の汚れを落とそうとゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗うのも肌のダメージになりかねません。

 

石けん分を残さないようにしようと、すすぎ回数を多くし過ぎるのも問題です。ニキビ跡は肌が敏感になっている状態ですから、できるだけ刺激をしないようにそっと扱うことが大切なのです。

 

また、内面から対策するポイントは、生活習慣を規則正しくして血行促進を心がけることです。血行が滞っていると、体の一部に赤みが生じてしまうこともあります。血のめぐりが正常であれば、肌色もよくなり、ニキビもできにくくなるのです。食生活で栄養のバランスに気をつけることも必要ですが、睡眠をしっかりとったり、ストレスをこまめに発散することで代謝アップをすることも大切です。

 

肌を内面から輝かせるためには、日常生活で気をつけられることがたくさんあります。難しいことではありませんから、ニキビ跡の赤み改善のために不摂生は控えるようにしましょう。ニキビ対策用に刺激の強いスキンケア用品を使い続けることも、ニキビ跡の赤みにつながってしまうことがあります。皮膚を内面からも外面からもいたわって、きれいな肌にしていきましょう。